タグ別アーカイブ: コンサルティング

「みんなの森整骨院」1号院が開業!


みんなの森整骨院弊社プロディースの「みんなの森整骨院ブランド(商標登録出願中)の第一号院が2017年11月9日に北柏駅前にて開業しましたので報告させていただきます。

北柏駅前院は、プレオープンの来院が新規69名、来院72名という結果になりました!
(院長1人整骨院でもあり、チラシ配布枚数を抑えました。)

また、開業初日に20名の来院、その3日後の土曜日に28名の来院があり、その後も32名の来院があった日が出るなど、受付なしの1人整骨院として最大限人数のスタートになっております。

16年の整骨院コンサルティングノウハウと、ここ数年の整骨院開業コンサルティング統計に基づいて、地域や治療スタッフ体制によって、来院患者数を調整できるノウハウを構築しています。

弊社では「みんなの森」ブランドにて今後、全国チェーンとして展開を行って参ります。

一般の患者さんのアンケートの結果から「グループ展開している院が安心」という調査結果が出ました。個人経営の整骨院よりも、グループ院の方が治療技術や接遇、院内美化の点から定期的にチェックされているイメージがあって安心という意見が多数を占めました。

「みんなの森」チェーンは、治療技術・料金設定の縛りは一切ございません。

いくつかの加入条件はありますが、FCではありませんので、運営面の自由度は独立開業と同等となります。

立地調査から開業、及び開業後のフォローまで一貫してお手伝いさせていただく開業パックコンサルティングサービスとなります。

まずは物件調査からのお手伝いとなります。ご要望の地域にて、ご自身で物件をお探しいただいた上で、候補としてご検討される物件に対して、整骨院の開業に適しているかどうかのチェックをさせていただきます。

全国では日本政策金融公庫様、関西地区では池田泉州銀行様も加えたご融資のご相談の紹介もさせていただくことが可能です。

また、物件が決まった時点で、金融機関に提出する経営計画書のチェック、内装業者の紹介、レイアウト提案を行わせていただきます。

並行して、ホームページ制作、看板デザイン、開業チラシ制作、診察券制作などのデザインは「みんなの森」ブランドを生かしたデザインにてデザイン制作、印刷までワンストップで対応いたします。

また、Googleマイビジネスの新規設定、フェイスブック等SNSの新規設定、自費価格設定、チラシ配布エリア設定、問診票・日計表などの帳票類、リピート再来ツールなどの支援をさせていただきます。

開業まで、2回の訪問コンサルティングが付き、ご依頼された時点から、疑問点があればメール等でご相談も可能です(土日祝以外)

カテゴリー: 整骨院の経営 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

2014年を振り返って


今年は4年ぶりのDVD発売、そして6年ぶりの書籍出版(9年ぶりの治療院向け書籍出版)等、久しぶりに多くの整骨院・治療院様向けにメッセージを送ることができた年になりました。

前著がリラクゼーションサロン向けの書籍だったためか、私に対して整骨院・治療院向けというよりリラクゼーションサロン中心になった様に思われている方も多かったかもしれないのですが、今回、書籍に掲載させていただいたコンサルティング先様を始めとして多くの整骨院・治療院のコンサルティングをメインに活動してきています。今後も一生の仕事として人生を賭けて整骨院・治療院コンサルタントとして生きていきます!

業績アップはもちろんですが、各オーナー・院長様が実現されたいことのサポートを私なりに全力で行ってきて、皆さん結果を出していただけて、気づいてみると多くのコンサルティング先様と長年のお付き合いとなっています。

長くお付き合いいただけていることで、コンサルティングのご案内はホームページのみで、弊社主催セミナー含め、この4年間は新規コンサルティングの募集を一切行っていませんでした。

今回、治療院向け書籍の出版をきっかけに、今年中のセミナー開催も検討しましたが、書籍出版に伴うお問い合わせが予想以上に多く、開催を見合わせました。

また、来年は、コンサルティングと並行して様々な取り組みを予定しています。現在のコンサルティング先様のフォローが手薄になるのは本末転倒ですので、この先、コンサルティングの新規のお引き受けを休止させていただくことも視野に入れています。

来年は、今までになかった活動を考えていますので、私自身、何が起こるか楽しみにしています!

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

吉田 崇

カテゴリー: (株)吉田企画 情報 | タグ: , , , | 2014年を振り返って はコメントを受け付けていません。

経営者と従業員の温度差は解決できる?


先日、新規で整骨院経営コンサルティングが始まったのですが、私自身、ワクワクすることばかりでした。

定期的に訪問させて頂いている会社様にも新鮮さがあることは前回に書きましたが、

新規の場合は、実践すれば急激に伸びそうな問題・課題をたくさん抱えられていて、それを対処するだけでも業績が一気に上がる雰囲気に溢れているのです。

また開業以来、長年悩まれていたことが解決できたり、「もっと早く頼んでおけば良かった」とおっしゃっていただくと、かなり嬉しいです。

 

ところで前回、問題・課題が常時発生することに触れましたが、その問題・課題の対処内容によって、当然、その問題に対して対応した内容によって様々な結果が出ます。

対応した内容によっては、問題を更に悪化させてしまうこともありますし、逆に問題が起こったことで良い方向に向かったことも多いです。 また、問題を更に悪化させてしまった経験を今後に生かしたケースもたくさんあります。

対応についてのアドバイスを求められたら、当然対処法について回答するのですが、例えば従業員とのトラブルの場合、コミュニケーションが苦手な整骨院経営者さんは、従業員に曲がって伝わることもあります。

また、身内からの注意などは概ね「いつもの話か」と思われてしまいがちです。皆さん「そうなんだよね~」と思う方が多いと思いますし、経営者と従業員の「温度差」に皆さん悩まされています。

そのような場合は、私が間に入って第三者の視点でお伝えすることで円滑に話が進むことが多いのですが、直接の利害関係者同士で話をしないようにすることが重要です。

社内で右腕づくりが重要なのは、まさにこの点です。右腕は経営者と従業員の間という関係では第三者だからです。同じ従業員が経営者側の視点で話をすると「彼もやっているのだから私もやるべきかな・・・」と思ってもらえることが多いのです。

 

カテゴリー: 整骨院の経営 | タグ: , , | 経営者と従業員の温度差は解決できる? はコメントを受け付けていません。