患者様が来ないホームページの特徴


先生、こんにちは。
吉田企画の長谷川です。

「ホームページから患者様が来ないんです」
というご相談を先生から受けることがあります。
その際弊社では、先生のご予算やご要望に応じて
既存のホームページの修正や、新規での制作を承っておりますが
そういう「患者様が来ない」ホームページには
幾つかの共通点があります。
先生のホームページはどうですか?

□情報量が少なすぎる
現在、大変見栄えのするホームページ制作ツールが充実しており
無料プランでもお写真や必要事項を入れれば
どなたでもきれいなホームページを作成する事が可能になりました。
しかし、「きれいな」ホームページだから患者様が来られるというものではありません。
患者様が知りたい情報を的確な分量でわかりやすく
伝えられていなければいけません。

□色味が暗い、元気が伝わらない
ファーストビューのお写真の色味が暗かったり、
掲載されている先生やスタッフの表情が暗いなど
一目で「元気」「親しみやすさ」「にぎやかさ」が伝わらないホームページは
敬遠されがちです。
患者様は不調を抱えてらっしゃるので、無意識に「元気」なものを求めています。
「ここなら安心して任せられる!」と思ってもらえるデザインが良いですね!

□制作が5年以上前、更新もしていない
ホームページのデザインにも流行がございます。
老若男女問わず、ネットに触れる人は、流行のデザインに知らず知らず
感化されるので、制作が古いホームページはどなたでもすぐにわかってしまいます。
古い上に更新がストップしているホームページは
「本当に営業してるの?」「流行っているの?」と
見た方に不安感を与えかねません。

ホームページは適正な費用をかけ
信頼できるプロに任せることで
確実に患者様が来院されるものになります。
「ホームページで患者様は来ないんだ…」
と諦めてしまう前に、ぜひ弊社にご相談ください。

素材の大切さ


みなさま、こんにちは。吉田企画の佐々木です。

おでんが美味しい季節ですね。

 

先日、良く行く八百屋のおばちゃんに「源助大根」を勧められました。

金沢の伝統野菜で、普通の大根の2~3倍の値段ですが、「やっぱり源助大根は違うからね!」の一言で買ってしまいました。

そうは言っても大根でしょ…と思いながらも食べてみて感動~~!

おでんにしましたが、お店で食べるような味になり、改めて素材の大切さを実感しました。

よくTVで「プロの料理人が、激安食材でお店の味に!」などの企画がありますが…考えてみてください。
激安食材よりも良い食材を使ってプロが料理する方がもっと美味しいに決まってますし、それも含めてプロの料理だと私は思います。

そして、それはデザインにも言えることです。
デザインでいう素材とはコピー(原稿)写真です。

コピーについてはもちろんこちらで用意しますが、院長先生やスタッフ、院内や外観、施術の写真はクライアント様にご用意していただくことになります。

その際、ご提供いただいた写真の色や構図がイマイチだったとしても、そこはプロのデザイナーとして、色調整やレイアウト等で、良い物に仕上げることはできます。
しかしながら、その写真がプロのカメラマンが撮影した素晴らしい写真であれば、もっと訴求力が上がり、もっと院の良さをアピールできるのです!

写真の良し悪しは、デザインの仕上がりに大きく関わります。

デザインをご用命の際は、たかが写真…とは思わずに、
ぜひ最高の「素材=写真」をご用意ください!

とある整骨院のハートフルな対応


こんにちは。
吉田企画の伊藤です。
本日は、伊藤より「とある整骨院のハートフルな対応」をご紹介したいと思います。

今年の5月、私の自宅のすぐそばに、N整骨院がオープンしました。

N整骨院は、自宅兼整骨院。
とてもきれいな外観で、「いつか行ってみたいな」と思っていたのですが、娘が学校の柔道の授業で肩を痛めてしまったことをきっかけに、足を運ぶことになりました。

朝一番にN整骨院に行った私たちを迎えてくれたのは、アロマオイルの良い香りでした。

待合室は、すっきり綺麗に整い、グリーンも手入れされており、青々と茂っていました。
受付は、木を基調にしてとても温かみがあり、
掲示物もきちんとラミネート加工されていて、整っています。

その印象から、
「わぁ綺麗な整骨院!」
という第一印象を抱きました。

N整骨院は、柔道整復師の院長先生と、
鍼灸師の奥様の二人で経営されており、とてもアットホームな雰囲気。
ですが、娘への対応は、「子供だから」といって、馴れ馴れしい感じはなく、
丁寧な接し方と詳しく説明してくださったことがとても好印象でした。

私が一番驚いたのは、
待合室で娘の治療が終わるのを待っている私に、
「待っている間にどうぞ」と言い、
遠赤外線の出るという、温かいホットストーンを
肩に乗せてくださったことです。

付き添いの私への心遣い。
まさにハートフルな対応に、私はとても感激してしまいました。

この対応をされてすっかりファンになってしまったのは
いうまでもありません。

そして、
「次は私もお世話になろう」と自然に思えました。

N整骨院は、ハートフルな対応で、
体だけでなく心も元気にさせてくれる、そんな整骨院だったのです。

最後に。
整骨院には、患者様だけでなく、
今回の私のような付き添いの方もご一緒に来院することも多いと思います。

実は、このような付き添いの方も、「見込み患者」です。

付き添いの方への対応を少し心がけることで、
知らず知らずのうちに私のようにファンにさせてしまうことがあります。

ぜひ、先生もそのことを忘れずに、「ハートフルな対応」で日々来院されるすべての方と接してみてください。

 

それでは。
伊藤でした(^^)

女性が持つ「クチコミ力」の重要性


こんにちは、中村です。
今回は、女性のクチコミ力についてお伝えします。

一般的に口頭で情報を伝達しあう手法を「クチコミ」と呼びます。
「”口(クチ)”頭による”コミュニケーション”」の省略です。
スマートフォンやパソコンなど媒体も多様化し、最近ではSNSの普及に伴い、クチコミも様々な形で広がっています。

しかし、相手の姿かたちが見えることもあり、口頭でのクチコミは、親近感や信頼性が高いと認識される傾向にあります。

また最近では「クチコミ」は、商品のマーケティングの手法・研究課題としても取り上げられることも増えてきています。

そして、このクチコミ発信量の多くは女性であると言えます。
私も含め、私の周りの女性たちの多くは日々クチコミの送受信を楽しんでいます。
クチコミの利点には、以下のようなことが考えられます。

■クチコミは信頼されやすい
相手の姿かたちが見えることもあり、親近感や信頼性が高いと認識される傾向にあります。

■クチコミは自然にターゲットが絞られる
例えば、腰痛がひどい人に「あそこの整骨院に通ったら腰痛がなおったよ」と言いますが、健康な人に対してこのような整骨院を勧める話はしないでしょう。

しかし、注意が必要なのは、クチコミ情報がポジティブなものには限らないということです。
その点に注意しながら、女性患者の動向を理解し心に響く魅力を発信しつつ女性のクチコミ力を上手に利用して、貴院のプロモーションをしてみてはいかがでしょうか。