「版下」タグアーカイブ

知っているとちょっと便利?印刷物についての用語(2)


皆様こんにちは。福井です。
前回に引き続きDTP関連のブログ第2回目をお送りします。

その昔、つまりパソコンを使うDTPが主流になるまでの版下作成は、アナログ作業が中心でした。

版下(はんした)とは、写植の文字や手描きのイラスト・図表を切って手貼りして作る、製版のために必要な原稿のことです。
印刷物を作るにはこの版下が必要で、カラー印刷の場合は版下にCMYK【シアン(青)・マゼンダ(赤)・イエロー(黄)・ブラック(黒)】で色指定をして製版会社に入稿(にゅうこう)します。製版会社でフィルムを作って下版(げはん)、印刷会社で刷版(さっぱん)をして印刷・加工という流れでした。

その頃からの名残で、今でも印刷物用のデータを作ることを「版下作成」といいます。

そのため、弊社の販促ツール工房でご注文いただく商品の代金には、印刷費と版下作成費の項目があります。実際にご注文いただいた先生の中には「版下作成費ってなんだろう?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、話を印刷の流れに戻しますと、版下の内容を確認していく作業を、印刷業界では「校正」と呼びます。
元原稿があった場合、まずは制作会社の中で元原稿と校正刷りの内容があっているかを校正しますが、これを「内校」といいます。

そして内校済みのデータをメールでお送りするところから、先生とのやり取りが始まります。
これを制作側からは「初校出し」といい、初校を先生が確認の上、必要に応じて修正があれば、その指示をいただくことを「初校戻し」といいます。

以降、「二校(再校)出し」→「二校(再校)戻し」→「三校出し」・・・というように、先生の希望される形にすり合わせていく作業が続き、概ね、二校から三校で終了します。

最終的に「これで印刷してもOKだよ」と、ファイナルアンサーが出た状態を「校了(こうりょう)」といい、版下を印刷に回す(入稿する)ことができます。

実際に私から先生方へは「初校データを送信いたします」や「こちらで校了とさせていただき、印刷へ進めてまいります」といった具合に使わせていただいております。

いかがでしたか? 印刷に関する用語についてのお話でした。
それでは、先生方からのご注文をお待ちしておりま〜す。

知っているとちょっと便利?印刷物についての用語(1)


皆様こんにちは! 福井です。
前回の投稿は接遇講師としての記事でしたが、今回はDTP関連の記事をひとつ。

弊社の販促ツール工房では、チラシ・診察券・ハガキ・リーフレットなどの印刷物はもちろん、ロゴやキャラクターのデザイン、そして書籍出版まで各種商品を取り扱っております。
それらの商品をご注文いただいた先生方とは、メールやお電話でデザインの確認をさせていただくことになります。

校正・初校・校了といった、一般にはあまり馴染みのない用語が存在しますので、この機会に、知っているとちょっと便利な、印刷やDTPの基本的な用語をご紹介します。

まずDTPという言葉からご説明します。これはDesktop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略で、パソコンを使って版下(はんした)データを作成する作業のことを言います。「DTP業界」「DTPオペレーター」「DTPデザイナー」などと使われます。
私が販売業を辞めて印刷会社に転職したのが1995年で、ちょうどDTPの幕開けの頃でした。
以降はDTPの歴史とともに私も業界で職歴を積み、かれこれ22年ほどになります。
DTPで使われるパソコンはというと、今でこそWindowsも使われるようになりましたが、当初は専用ソフトやフォント(文字)の関係から、Macintosh(マッキントッシュ)という、apple社の通称「Mac」が主流でした。
余談ですが私が初めてMacを触ったのは1992年に論文を書くときに使ったⅡciという機種です。今からすると超レトロな外見がかわいい、知る人ぞ知る初期のMacです。
かなり古い話で恐縮です(笑)

そんなこんなで、DTPに関するブログの第1回目は、前振りのみで終わりそうです。
次回また第2回目で本編をお送りしたいと思います。どうぞお楽しみに。
福井でした〜。