モディリアーニ展で絵の鑑賞をしました

DATE:2008.07.21

 今日は、「モディリアーニ展」に行ってきました。

 アメデオ・モディリアーニは、20世紀初頭にパリで活躍した画家です。若いころから体が弱く、彫刻家を目指すも、体力を要する彫刻を諦めて画家になった様です。そして35歳という若さで没しています。

 作風が全体的に暗く、首と顔が異様に長くて、目には瞳を描き込まないことが多いといった特徴のある画風で有名です。

 そのような特徴的な絵として、例えば瞳がないにも関わらず、それぞれの作品ごとに人の個性や性格が表現されていて、かえって彼の表現力の凄さに驚かされました。

 100年も前に描かれたものが、歴史を超えて今だに残されているということは、それだけインパクトがあるという証です。

 芸術作品に触れると、色々と感じることがあり、インスピレーションが湧いてきました!

 ありがとうございます!
クリックご協力頂けましたら幸いです。

About 吉田崇

みんなの森整骨院グループ 主宰 (株)吉田企画 代表取締役 (株)メディモ 取締役 (一社)交通事故医療情報協会 代表理事会長 【著書】4冊。累計4万部発行。『自分でできる治療院選び』『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』
This entry was posted in プライベート日記. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。



整骨院経営サポート メニュー

Copyright © Yoshidakikaku All Rights Reserved.