交通事故の被害者中心主義で加藤久道氏と共感

DATE:2021.03.25

交通事故の被害者中心主義で加藤久道様と当協会で共感を得ました。

『交通事故は本当に減っているのか?』著者 加藤久道様との対談⑧

整骨院経営者(柔道整復師)は必見です。

加藤久道様と一般社団法人交通事故医療情報協会で一致した意見として、

整骨院は、ドクター・損保会社との連携を密にしつつ、

患者さんが使える自賠責の権利を守りながら、

適正な診療の期間の中で、治療していただくことが不可欠ということでした。

交通事故患者さんのより適切な回復を目指すこと。

つまり、交通事故の被害者中心主義での対応を

整骨院経営者(柔道整復師)の皆さまと共に

考えて行きたいです。

About 吉田崇

みんなの森整骨院グループ 主宰 (株)吉田企画 代表取締役 (株)メディモ 取締役 (一社)交通事故医療情報協会 代表理事会長 【著書】5冊。累計4.5万部発行。『最新版 儲かる!治療院経営のすべて』『自分でできる治療院選び』『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』 吉田崇公式プロフィールhttps://www.r358.com/profile.html
This entry was posted in (社)交通事故医療情報協会 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。



整骨院経営サポート メニュー

Copyright © Yoshidakikaku All Rights Reserved.