開業時に押さえておくべきこと


治療院整骨院開業する時は、数多くのことを一気にこなさなければなりません。
ですから、開業準備の段階で、院のコンセプトや強みをしっかり固めておくことが不可欠です。

そしていよいよ開業に向けて動き始める時にやるべきことが、立地選定です。

立地選定の詳細については本に譲りますが、開業で最も重要なのは、もちろん新患獲得です。

最初に集患で大きく躓いてしまって、運転資金が底をつきそうになると、資金的な面ももちろんですが、精神的にも挽回がかなり難しくなってしまうものです。

金融機関からの融資のための資金計画を立てる時に、最初の3ヶ月~半年で売上がどれくらい上がれば損益分岐点を超えるかをしっかり算出して、損益分岐点を超える目標を達成するためには、何人の患者数が必要かを把握しておかなければなりません。

新患獲得のためには、集患に繋がる看板制作、ホームページ制作、開業チラシ制作は、最低限必要ですし、その他、ツール類の準備も必要となります。

これから開業を予定している方は、本の中でお伝えしている開業についての注意点を、是非ご一読くださいね。

拙著『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』を解説して行く、
「繁盛院づくりの教科書解説」の第7回目は、
第1章8項目の「開業時に押さえておくべきこと」をテーマにお伝えしました。

治療院経営本『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』の詳細は←です。
※アマゾンドットコムへのリンクもあります。

吉田崇

About 吉田崇

(株)吉田企画 代表取締役  (社)交通事故医療情報協会 代表理事  【著書】3冊。累計3万部発行。『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』
This entry was posted in 治療院 整骨院経営本の解説 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。

整骨院経営サポート メニュー