整骨院・治療院の再来リピート率アップ法(3/4)


整骨院の接遇対応整骨院治療院経営本の5章「患者が納得してリピートする方法」の解説ブログ。

今回は、整骨院・治療院で患者さんにリピートいただくための4つの内の3番目についてお伝えしますね。

更に、来院時に意識すべきことは「3.来院時の接遇」です。

受付スタッフの対応だけでなく、院長の対応・言葉遣い、言葉の言い回しによっても「治療技術はあるけれど、居心地が悪いのよね~」と思われたら、定期来院にはなりづらいです。

この様なケースの場合、他院に比べて圧倒的に目覚ましい症状改善が出せれば「痛くなった時だけ来院しよう」という感じになります。

前回お伝えした「問診時の説明で伝えられた体の改善レベル」と「患者さんがイメージした体の改善イメージ」が「一致」していても、他治療院が同レベルの治療技術で接遇レベルが上回るなら、転院し再来はあまり期待できません…。

接遇まで含め、患者さんとの信頼関係が構築できれば「リピートいただける可能性のある患者さん」になります。

そうです。ここまでできて「リピートいただける可能性のある患者さん」になっただけです。

整骨院経営本『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』の詳細は←です。
※アマゾンドットコムへのリンクもあります。

吉田崇

About 吉田崇

(株)吉田企画 代表取締役  (社)交通事故医療情報協会 代表理事  【著書】3冊。累計3万部発行。『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』
This entry was posted in 治療院 整骨院経営本の解説 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。

整骨院経営サポート メニュー