今、整骨院に求められている「接遇」とは!


こんにちは。吉田企画の橋本弥生です。
本日は、これからの整骨院に求められる「接遇」についてお話させていただきます。

「接遇」と聞くとホテルやレストラン、デパートなどを連想される方の多いかもしれません。
しかし、整骨院が増え続ける現在、接遇は整骨院にも欠かせないものとなっています。

先生方の中に「患者様に嫌な思いをさせたい」「患者様の気持ちなんかどうでもいい」と思っている先生は、いらっしゃらないことでしょう。
しかし、たとえ、院長先生やスタッフの皆様に患者様を思う気持ちが有っても、ノウハウがなければ伝わらないことや、逆効果になることもあります。

「接遇」とは、お客様の立場になって考え、行動し、お客様に満足していただくためのノウハウなのです。

整骨院にいらっしゃる患者様は、皆様、どこかに不調を持たれた方々ですので、その対応には、ホテルやレストランなどとは違う、特別は配慮が必要になります。
その配慮があって初めて「この整骨院に来てよかった」と思っていただくことができ、他院との差別化が図れるのです。

現在は、以前ほど保険収入が見込めなくなってきました。そのため、自費治療(自由診療)に力を入れている整骨院様も増えています。
治療費が高くなるということは、それだけ高い満足度を患者様から求められるということです。どんなに、サービス内容を充実させても、施術の技術が上がっても「接遇」の出来ていない整骨院は売り上げが伸びません。
逆に、お客様との接し方、院内の雰囲気や環境などの面でも患者様に満足していただければ集患もリピートもどんどん良くなることでしょう。

また、接遇では、患者様の対応だけでなく、院長先生やスタッフの皆様同士の接し方、普段の態度なども重要視しています。一見、患者様には関係のないことのように思えますが、接遇を身につけることで、人間関係を改善しトラブルを防ぐことができます。

吉田企画では、接遇セミナーの開催や、院にお伺いしての勉強会などで、接遇を広めています。これからブログでも、接遇に触れていきますので、ぜひお役立てください。

【接遇セミナーのお知らせ】
6月24日(日)、ケイズグループ様主催で接遇セミナーを開催いたします。
下記のようなお悩みやご経験はございませんか?
□電話の問い合わせはあるのに来院がない
□急に来なくなった患者様がいる
□値上げしたら来院が減った
□HPで集患してもリピートにつながらない

じつは、それ接遇で改善できるんです!
詳しくはこちらから

ケイズグループ主催 整骨院接遇セミナー

This entry was posted in 接遇・接客 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。

整骨院経営サポート メニュー