リラクゼーションサロン開業経営
治療院経営のすべて 整骨院専門コンサルティング

リラクゼーション本・書籍

準備中

はじめよう!「リラクゼーション」サロン


アロマ、岩盤浴、リフレクソロジー、マッサージ
――開業・経営100のポイント

著者:吉田 崇
同文舘出版 2008-05-03

2013年6月 5回目の増刷!
たくさんの方にご購入頂きありがとうございました。
はじめよう!「リラクゼーションサロン」を購入する

●筆者 吉田 崇 とは?

佐賀県出身。立命館大学経済学部経済学科 卒業。
東証一部上場ソフトウェア開発会社でSE(システムエンジニア)でシステム構築を経験後、自己啓発プログラム(SMI)の完全歩合制のセールスを経て、
大手コンサルティング会社の(株)船井総合研究所に入社。7年間経営コンサルタントとして在籍する。
2008年1月に(株)吉田企画を設立し代表取締役社長に就任。
リラクゼーションサロン、整骨院・接骨院等の治療院など「癒し」や「健康」をテーマとしたコンサルティングや講演、執筆活動に併せて、人材紹介業等のビジネスを展開。

□筆者(吉田 崇)プロフィール http://www.r358.com/profile.html
しゃちょうにっき http://www.r358.com/blog/

●『はじめよう!「リラクゼーション」サロン』を出版

『はじめよう!「リラクゼーション」サロン』アロマ、岩盤浴、リフレクソロジー、
マッサージ―開業・経営100のポイント


というタイトルで同文舘出版より本を出版させていただきました。


実は、今回の出版は2回目でして、前著は『儲かる!治療院経営のすべて』(同文舘出版)
というタイトルで出版させていただきました。



□『儲かる!治療院経営のすべて』 http://www.r358.com/keiei/book.html

●前著『儲かる!治療院経営のすべて』ベストセラーの秘密とは?

その前著が、意外なことにベストセラーとなりまして、
おかげさまで増刷11回。
通算15,000部発行という、ビジネス書では大ヒットとされる
1万5千部以上発行をさせていただいています。


「なぜこんなに多くの方に買っていただけたのか?」というのを考えると、


・治療院業界に類書となる本が存在しなかった
・100項目の内容が、見開き1ページで完結されていて、
 どのページから読んでも良いように工夫されていた
・書籍代1,785円の価値以上の内容とボリュームだった
・国家資格の「柔道整復師」という整骨院の先生を養成する学校の
 一部で、教科書として使用されていた
・治療機器販売の業者さんが新規開院される方に配っていた


 などということが考えられます。


★では、今回の『はじめよう!「リラクゼーション」サロン』はどうかというと・・・


・100項目の内容が、見開き1ページで完結されていて、
 どのページから読んでも良いように工夫されている
・書籍代の価値以上の内容とボリュームがある
・前著が初級編とすれば今回は中級編の内容となっている
・前著以上に、すぐ使えるノウハウを惜しみなく入れている
・株式会社吉田企画の社運がかかっている(笑)


リラクゼーションサロンをいつか開業したい方。
リラクゼーションサロンをすぐに開業したい方。
リラクゼーションサロンを既に経営されている方。
整骨院・接骨院等の治療院を既に経営されている方。


とにかくリラクゼーション業界に関わっている方には是非とも一読頂きたいと
著者の私が心から思える本に仕上がったと自負しています。


また、治療院業界の方にも、
治療院経営の中級編として前著と併せてお読み頂きたい内容です。


今回も前著同様、100項目の内容があります。
とにかくかなりの労力をかけています。休日は全て著作に充てました。
また、全て書き下ろしです。


ゴーストライターは使わず、パソコンで一字一句私が打ち込んでいます!
ですから、私のストレートな思いをぎっしり詰め込んでいるつもりです。

●気になる『はじめよう!「リラクゼーション」サロン』の内容は?


「はじめに」から抜粋


リラクゼーション業界は、リストラ・成果主義化など先行き不安な中でのストレス社会、自然環境の減少、生活習慣の不規則化、食品添加物汚染など、社会環境の急速な悪化にともない、「癒されたい」人が増えるとともに、「デトックス」「ビューティー」「ダイエット」が業界のキーワードになるなど、リラクゼーション業界への注目度が急速に高まってきています。
しかし、急成長を遂げている業界でも、「リラクゼーションサロンを出せば儲かる!」と安易に出店したお店はことごとく失敗の憂き目を見ています。 特に、これからのリラクゼーション業界の中で勝ち残るためには、岩盤浴のみ、リラクゼーションマッサージのみ等、提供サービスが単体のみのお店やコンセプトが明確でないサロンは、これから厳しい時代に突入することは目に見えています。 もう単なる、はやりの機器を導入した施設開業だけで何とかなる時期ではなくなっています。
私は、これまでリラクゼーションサロン、整骨院接骨院業界などの治療院を専門にコンサルティングしてきました。『儲かる!治療院経営のすべて』出版以来、1万部発行突破をさせていただき、業界では知る人ぞ知る立場になりました。その結果として、サロン開業案件が数多く舞い込むようになり、数十件の大小様々なパターンの開業案件をご依頼頂き、既に開業したサロンや開発中の案件もある中、更に開業ノウハウを深めて参りました。
前著は「基礎編」、本書は、「中級編」として位置づける本にするべく相当の時間を費やして思いを込めて書き上げたつもりです。
本書を通して、皆さんのリラクゼーションサロンの個性を生かした「自店らしさ」づくりに役立つならば、これ程嬉しいことはありません。


第1章 リラクゼーションサロンの現状とこれから

(1)リラクゼーションとは何か?
(2)リラクゼーションサロンとは
(3)リラクゼーションサロンの種類
(4)リラクゼーション業界の市場規模
(5)リラクゼーション業界のライフサイクル
(6)リラクゼーションサロンの投資採算について
(7)リラクゼーションサロンの投資採算(小スペースでの開業)
(8)リラクゼーションサロンの投資採算(異業種に付加)
(9)リラクゼーションサロンの投資採算(大型施設の開業)
(10)出張リラクゼーションから始める

第2章 リラクゼーションの種類を選ぼう

(1)リラクゼーションサロン機器と手技の選択
(2)岩盤浴施設、岩盤ベッド
(3)ゲルマニウム温浴
(4)酸素バー、酸素カプセル(O2カプセル)
(5)その他リラクゼーション機器
(6)柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師
(7)整体、カイロプラクティック
(8)リラクゼーションマッサージ
(9)アーユルヴェーダ、タイ古式、ロミロミ
(10)タラソ、ストーン、アロマテラピー
(11)足裏マッサージ(リフレクソロジー)
(12)ヨガ、ピラティス
(13)エステティック
(14)医療機関によるリラクゼーションサロン
(15)どのスクールで技術を学ぶかを決めよう

第3章 リラクゼーションサロン開業前に必ずおさえるべきこと

(1)新規客獲得に向けての立地選定のポイント
(2)リピートに向けた立地選定のポイント
(3)物件選定のポイント
(4)競合店の調査は必要不可欠
(5)SWOT分析をしよう
(6)ミッション・ビジョン・経営理念をつくるには
(7)経営計画の立案は具体的に
(8)お店のコンセプトを決める
(9)ブランドづくりは小さなサロンでもできる
(10)「自店らしさ」とは何かを追求しよう
(11)1番をつくるのはカンタン
(12)オープンまでのスケジュール化をしよう
(13)集客、利益率は料金設定次第で決まる
(14)プレオープン企画を立案しよう

第4章 はじめてでもできる販促企画でバンバン集客しよう

(1)販売促進対策が繁盛店のキーポイント
(2)商圏エリアの設定について
(3)認知度の指標となる「シェア」を意識しよう
(4)年間販促計画を立てよう
(5)フリーペーパーの活用
(6)ホームページ作成はなぜ必要か?
(7)頼れるホームページ業者選びと作成のヒント
(8)ホームページのSEO対策は最重要ポイント
(9)テレビ・新聞等のマスコミに取り上げられよう
(10)クチコミ・紹介を得る販促とイベントをしよう

第5章 "当たるチラシ"で新規客数を1.5倍にしよう

(1)チラシ投入までのスケジュールを立てよう
(2)新聞折込とポスティング
(3)当たるチラシをつくるポイントpart1
(4)当たるチラシをつくるポイントpart2
(5)当たるチラシのポイントpart1
(6)当たるチラシのポイントpart2
(7)リラクゼーションチラシ事例
(8)リラクゼーションリーフレット事例

第6章 お客さんがまた行きたくなるリピート作戦

(1)固定客化のために必要なこと
(2)顧客を4段階に分類して分かること
(3)来店客のランク分けをしよう
(4)「カウンセリングシート」を活用しよう
(5)ポイントカード制度の目的
(6)ポイントカード制度の活用事例
(7)VIP会員制度の事例
(8)当たるDMをつくるための手順と秘訣
(9)DMを当てるための5つのテクニック
(10)「ハートフルメール」を出そう
(11)アンケートを取ってこれからの運営に生かそう

第7章 お客さまを心で癒す接客の極意

(1)お客さまは心と体を癒されたい
(2)接客の基本を押えよう
(3)声かけをしっかり行なおう
(4)感動「ホスピタリティ」を追及しよう
(5)受付スタッフ次第で客数が変わる
(6)お客さまとの距離がグッと近づく話題づくり(1)
(7)お客さまとの距離がグッと近づく話題づくり(2)
(8)クレーム対応次第でチャンスに変わる
(9)接客マニュアルをつくろう
(10)心からお勧めする提案をしよう

第8章 思わず行きたくなる看板と内装・レイアウトはこうする

(1)6種類の看板を活用するには
(2)看板で新規客を増やすポイント
(3)ウェルカムボードは最新のメッセージ
(4)内装・レイアウトはお店のいのち
(5)待合室では「癒し」を最大限に演出しよう
(6)POPで最大限の効果を発揮しよう
(7)当たるPOPを作成するためのコツとは
(8)非日常へいざなう照明の生かし方と活用事例
(9)徹底したクリンネスを実践しよう

第9章 これからのサロン経営はここで差をつけよ

(1)ブランドブック(お店紹介ブック)をつくろう
(2)定期的なミーティングは必須
(3)多店舗展開を成功させるためのポイント
(4)スタッフのモチベーションを上げる5つの方法
(5)スタッフ採用の方法
(6)スタッフ評価制度をつくる
(7)物販を絡ませた戦略を立てる
(8)栄養管理等の日常生活に踏み込んだ提案を 
(9)顧客分析をして次に生かそう
(10)客数などの統計分析をする
(11)新規・リピート客の分析
(12)近隣店舗・企業に営業をかけよう
(13)「スピリチュアル」のニーズが増える中で

このボリュームの内容の本が、1,680円で購入いただけます!!
是非、リラクゼーションサロン開業そして、経営のヒントにご活用くださいませ。

準備中

はじめよう!「リラクゼーション」サロン


アロマ、岩盤浴、リフレクソロジー、マッサージ
――開業・経営100のポイント

著者:吉田 崇
同文舘出版 2008-05-03

2013年6月 5回目の増刷!
たくさんの方にご購入頂きありがとうございました。
はじめよう!「リラクゼーションサロン」を購入する
▲ページ先頭へ戻る