リラクゼーションサロン開業経営
治療院経営のすべて 整骨院専門コンサルティング

リラクゼーションサロン開業コンセプト

経営コンサルタント 吉田崇です。
このコーナーでは初公開の開業戦略「Yoshida Model」をご紹介したいと思います。


リラクゼーションサロン業界は、ぐんぐん伸びている成長産業です。

私がリラクゼーションサロンの業績アップのお手伝いをさせて頂いている内に痛切に感じるのが、


「最初からやっていれば悩まなくて済んだのに…」とか
「このハコ(リラクゼーションサロン)のままでは、業績アップは難しい…」


などと感じる時が多々あります。


コンセプトづくり、立地、看板、内装、開業時の集客イベントは
これからのリラクゼーションサロン開業では不可欠
です。


多くのリラクゼーションサロンの内装や看板は「コンセプトが見えない」ものになっていますし、導線(効率良くお客さまを誘導するベッドや受付の配置づくり)に関しても非常に非効率になっているものが多く見受けられます。


私がリラクゼーションサロンをみるポイント

1.施設・施術内容
2.コンセプト
3.看板・内装
4.ターゲット
5.販促物(ホームページ・チラシ・パンフレットなど)
6.リピートのしくみ(ハガキ・リピートツールなど)
7.スタッフの質

以上です。
これさえ見れば、これからリラクゼーションサロンが伸びるか不振になるかどうかが分かります。


では、

絶対伸びないリラクゼーションサロン 

とはどんな店かと言うと、


「何をしてくれるのかが分かりにくいリラクゼーションサロン」です。


成長している業界では「明確なコンセプト」がなければ来てくれません。

「お客さまに分かりやすい何か」が必要なのです。


お客さまに

「私達が提供するのは○○です」

という明確なコンセプトが必要なのです。


私のコンサルティング先は、明確なコンセプトが存在します


コンセプトというと何かコムズカシイ感じがするかも知れないですが、全くそんなことはありません。

オーナーもスタッフもお客さまもみんなが分かりやすい共通認識を持つことです。


新しく開業する時は、都市型か郊外型か住宅地かなどといった立地など

地域特性を掴んだ上で行なわないと大失敗をすることがあります


これまで、「開業しましたが客数が増えません」という相談をたくさん受けました。

その中の共通課題は、

「この場所でそれをやったらそりゃ来ないでしょ」

ということばかりです。


コンセプトは、全てに一貫されていると威力が増します。


コンセプトが決まれば、看板・内装、ターゲット、ホームページやパンフレットなどの販促物、ハガキやリピートツールそしてスタッフも全てコンセプトに合ったものになります。


リラクゼーションサロンの開業を確実に成功させたい方は
開業コンサルティングのページへ

▲ページ先頭へ戻る