整骨院開業について

融資について

整骨院の開業で一番のポイントになるのが「融資」です。

当然ですが、融資が下りないと開業ができません。
また、下りる融資額によっては、思った様な院づくりができない可能性も出てきます。

まず、物件を探す前に金融機関に事前に審査を依頼されることをお勧めします。

銀行に納得してもらえる経営計画書のアドバイスを行います

ただ、多くの銀行は物件が決まっていない方を審査しないのが通例ですから、整骨院の開業をされる多くの先生は、物件が決まってから融資の相談に行かれます。

ひと昔前であれば「整骨院なら無条件に融資OK」が通例で、ほぼ誰でも審査が通っていたのでそれでもよかったのですが、現在は、閉院している院も多いという業界全体の業績悪化の現状を銀行が把握していますので、経営計画がしっかりしていないと融資自体が下りないという事案もちらほら出てきています。

また、銀行は、医療機器等の初期投資が少なくなっていることも把握していますし、上記の様に整骨院への融資リスクが高まっていますので、融資額を絞って来ています。
つまり、審査が通ったとしても、希望よりも融資額が低くなる可能性が高いのです。

先ほども申し上げましたが、審査を通り、希望額の融資を受けるためには、審査の際に提出する「経営計画書」が重要になってきます。経営の経験がない方にとっては、銀行がどういう内容を審査しているのか分からないので、審査を通りやすい「経営計画」を立てるのが難しいと思います。弊社では、長年の整骨院開業ノウハウがありますから、銀行さんに納得いただける経営計画書のアドバイスが可能です。(※経営計画書の作成代行ではなく、アドバイスとなりますのでご了承ください。)

物件が決まる前でも事前審査が可能です

もし、物件の契約をした後で、「融資が下りない」「思った程の融資が受けられない」などの理由で開業を断念しても、物件の契約はキャンセルできません。少なくとも1ヵ月分の家賃・礼金・手数料は支払わなければなりません。

ですので、物件を探す前に先生が融資自体を受けられるかどうかを把握しておく方が安心です。

ただ、先ほども申し上げたように、多くの銀行は物件が決まっていない方を審査しないのが通例です。
その様な中、弊社は、日本政策金融公庫様と長年のお付き合いの中で、事前審査に応じていただいています。
※日本政策金融公庫様も、通常、物件決定前の審査は行っていません。

通常、弊社で開業コンサルティングをされない方には、審査手数料として5万円(税別)をいただいておりますが、「開業応援キャンペーン」(2020年6月末日まで)として、整骨院開業を目指し不安でいっぱいの皆さまへ「経営計画のアドバイス」と「日本政策金融公庫様への事前審査」を無料にて対応させていただきます!

整骨院の開業を考えている先生はこちらもご覧ください

吉田企画では上記コンサルティング内、または単独で以下のご相談にも応じております。

吉田企画で行う整骨院開業サービス

整骨院経営サポート メニュー

Copyright © Yoshidakikaku All Rights Reserved.