口コミ、紹介だけに頼った経営は限界がある


整骨院のインターネット活用整骨院治療院向けにこれまで続けてきた、私の本『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』の解説は、第3章に入り20回目となりました。
この章ではインターネットを活用した集患についてお伝えしていきます。

ところで、私は、大学を卒業し、新卒で入社したのが大手IT会社でした。
これからは「パソコンの時代になるかも」と思い、大学時代にパソコンを買い、HP作成言語の「html」で、簡単なHPを作成してみたりしていました。そのような思いの中、経済学部だったのですが「IT業界が伸びるかも」と思い、IT業界に入ったのです。
1996年に入社したので、時代はWindows95が出たばかりで、ITの幕開けと言われていた頃でした。

入社後すぐに「第二種情報処理技術者(現、基本情報技術者)」の国家資格を取得し、COBOLを使ったシステム開発、データテスト等をしていましたよ~(^^)

インターネットもまだまだ普及していない頃で、ホームページを作っても誰も見てはくれない時代でした…。

ただ、20年後にスマートフォンで誰もがネットを使うまでになるとは思えなかったのですが「インターネットが普及したらコミュニケーションがより活発になる!」とは思っていました。

その後、2001年に船井総研に入社後すぐにホームページが集患のポイントになると思い、インターネットを活用した集患について力を注ぎ、これまでずっと研究してきました。

実際、PPCの設定やSEO対策は、長年研究を続けていますので、多くの実績を出せていると思っています。インターネットの世界は変化が激しいですので、これからも変化に合わせて常に研究を続けていくべき分野だと考えています。

整骨院・治療院は、口コミ、紹介が非常に重要です。しかし、それだけに頼ることには限界があります。

これから10回に亘って、インターネットでの集患について、お伝えしていきたいと思います。

整骨院経営本『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』の詳細は←です。
※アマゾンドットコムへのリンクもあります。

吉田崇

About 吉田崇

(株)吉田企画 代表取締役  (社)交通事故医療情報協会 代表理事  【著書】3冊。累計3万部発行。『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』
This entry was posted in 治療院 整骨院経営本の解説 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。

整骨院経営サポート メニュー