吉田崇のしゃちょうにっき

晩秋から冬場に行える3つのこと


こんにちは。
(株)吉田企画の伊藤です。
すっかり秋も深まり、もうじき冬になりますね。
冬の時期は集患が思うように行かず、売り上げが下がって悩まれる先生方が多くいらっしゃいます。
冬場に売り上げが下がるのは、「当然のこと」ですので、焦らず「この時期にできること」や「今の時期に行う対策」をして、暖かくなる春を待ちしょう。

「冬の対策」については、こちらのブログをご参考になさってください。
今だからできる!他院と差がつく冬の集患対策

さて、本日は「晩秋から冬場に行える3つのこと」についてご紹介します。

時間を有意義に活用しましょう!

こちら「今だからできる!他院と差がつく冬の集患対策」のブログでもご紹介させているように、患者様の来院が少ない時期には様々なことが行えます。
私がオススメはこの3つです。

1.経営についてじっくり考える
2.院のルーチンワークの見直しをする
3.リピートされなかった患者様のカルテを見返す

1.経営についてじっくり考える

お忙しい院様は、なかなか経営についてじっくりと考える時間がないと、お話を伺ったことがあります。
「毎日施術で精いっぱい」
「施術は楽しいんだけど、経営のことを考えるとなるとつい逃げてしまう」
というご経験はありませんか?

多くの院長先生は、「施術家」であり「経営者」でもあります。
ぜひ、患者様が少ない時期こそ、経営について考えてみましょう。

2.院のルーチンワークの見直しをする

院様によって、毎日のルーチンワークが決まっていると思います。
決め方は様々かと思いますが、時間の経過とともに「このルーチンはあまり意味がないかも」「この作業は定期的に行った方がいいかも」というように、必ずなにかしらの変化があると思います。
今まで忙しくてルーチンワークの見直しや整理ができていないという場合は、ぜひこの時期に整理しましょう。

3.リピートされなかった患者様のカルテを見返す

新患が来院したのに、一度きりで終わってしまった・・・!というご経験はどなたにもあると思います。
せっかく来院された患者様が一度きりで終わってしまったのは何故なのだろう?
また、治療が完了していないのに来院しなくなってしまったのは何故なのだろう?
と、振り返ってみたことはありますか。

ぜひ、この時期には、リピートのない患者様のカルテを見返していただき、「何がいけなかったのか」「来院しなくなった思いあたる原因や理由」について振り返ってみてください。
そして、もし先生やスタッフの応対や院の環境に原因が考えられるのであれば、「どうしたら良かったのか」「どんな応対をすれば良かったのか」までしっかりと考え、改善するようにしましょう。

院様によっては、「ネット広告(PPC)」をはじめ、様々な広告媒体に費用をかけていらっしゃることと思います。
費用をかけて来院された患者様ですので、継続して通院していただけるように、体制を整えていただくことはとても重要なことです。
応対にしても、環境にしても、初めて来院された患者様に「心地よい」と思っていただける院づくりを、ぜひこの時期に見直しするようにしましょう。

Posted in 整骨院の経営, 整骨院 | Tagged , , , , | 晩秋から冬場に行える3つのこと はコメントを受け付けていません。

ウィンターイベントを集患に大いに利用しよう!


10月も下旬になり、今年も残りわずかとなりました。
毎年この寒くなる時期10月から2月あたりは、どうしても集患が落ちる時期です。
冬の寒さ、台風や雪などの悪天候、風邪やインフルエンザを代表とした病気の流行などの理由で客足は減少傾向になります。
一方、冬はイベントごともたくさんあります。
ハロウィン、クリスマス、お正月、節分など。
この冬のイベントを利用して、集患活動に力を入れてみてはいかがでしょうか?

まずは、院内のインテリアや飾りつけ、立て看板などをイベントごとにデコレーションしてみることをおすすめします。
その季節感あふれる様子をSNSなどで発信し、見ている方に「素敵!」「行ってみたい!」と思わせることが大切です。

そして、季節のあいさつハガキを作りましょう。
ハガキによるダイレクトメールなら患者様に直接届くので、そこには他との競争がありません。競争がないから、患者様に「見てもらえる」可能性が圧倒的に高いのです。この「見てもらえる」ということは、広告手段としてもっとも価値の高いことになります。
クリスマスカードや年賀状、寒中見舞いハガキなどで、今こそアピールしましょう。

弊社の「販促ツール工房」において作成させていただくことも可能です。
よろしくお願いします。
https://www.r358.com/keiei/tool.html

Posted in 整骨院の経営 | Tagged , , | ウィンターイベントを集患に大いに利用しよう! はコメントを受け付けていません。

スタッフへの効果的な感謝の伝え方


ある会員様からこんな質問をいただきました。

当院の受付の〇〇さん、いつも笑顔で頑張ってくれています。
大切にしているつもりですが、具体的にどの様に大切にしていけばいいのでしょうか?
また、売り上げの目標などは共有した方が良いのでしょうか。
例えば「今月は〇〇〇万円目標です! 頑張りましょう!」
と、お伝えたほうがいいのかわかりません。アドバイスお願い致します。

奥の深い質問に、これはブログにしなくてはと思い、キーボードに向かっています。
質問してくださったのは、とても優しい院長先生です。
受付の方も、笑顔が可愛く、有能で、まさに院の宝なのです。
二人で頑張られている整骨院様です。

大切にしているつもりですが、具体的にどの様に大切にしていけばいいのでしょうか?

まずは、先生のその感謝の気持ちを伝えましょう。
些細なことでも「挨拶」と「ありがとう」を忘れてはいけません。
朝は「おはようございます。今日もよろしくお願いします。」
掃除をしてもらったら、「ありがとう。きれいになって、気持ちよくなった。」
患者様に電気をつけてもらったら「ありがとう」
何か取ってもらったら「ありがとう」です。
「〇〇さんの、笑顔のおかげで患者様が和んでくれる。」
「〇〇さんがいてくれて、本当に助かる。」
帰る時は「お疲れさまでした。今日もありがとう!明日もよろしくお願いします!」
何でも、言葉にしなければ、永遠に相手には伝わりません。

受付さんに限らず、スタッフの方に対しても、お給料を払っているから当たり前ではなく、相手を大切に思っていることを言葉や態度で現しましょう。
実際、明るくて気の利く受付さんが、いるといないでは、売上が大きく違ってきます。
今の売上は受付さんのおかげでもあると、自覚しましょう。
このような、丁寧なスタッフとのやり取りは、スタッフ間の円満な関係を作るだけでなく、院の雰囲気を良くし、患者様にも好印象を与えます。

少し話はそれますが、
時折、スタッフに高圧的な態度をとられている院長先生を見かけます。
これを見た患者様は、ほとんどの場合「感じが悪いな」と感じています。
患者様の前では、気を遣っているつもりでも、こうしたことは「いやな雰囲気」として患者様に伝わるものです。特に女性は敏感ですし、こういう態度を嫌います。
度が過ぎれば、リピートにも響くことでしょう。

当然、受付さんやスタッフの方も、院長先生には敬語を使い、丁寧な言葉使いと態度で接しなければいけません。
スタッフや受付さんの態度に、院長先生への尊敬が感じられないと、患者様も院長先生を軽く見て、施術の話なども真剣に聞いてもらえなくなります。
院内での、スタッフ同士、院長先生とスタッフの会話は、「です」「ます」の敬語が基本です。
また、挨拶やお礼を伝え合っている院は、お互いを大切に思っている気持ちが、患者様にも伝わるので、患者様も院長先生やスタッフの言うことに耳を傾けるようになります。

受付さんと目標を共有するのか

同じ院で働く仲間なのですから、目標は共有したほうがいいでしょう。
特に、スタッフの多い院では目標の共有なくして、達成はありません。

では、院長先生と午前中だけの受付さんではどうでしょう。
先ほども言いましたが、明るく元気な(その上、気が利けばいうことなしです)受付さんは、売上に大きく貢献しています。
ぜひ、「今月の目標は〇〇〇万円です。協力してください。」とお願いしましょう。

そのほうが、きっと達成率が上がります。
そして、例えば、今月達成できたら「おやつのケーキ」、3か月連続なら「家族で使える食事券」、売上が前年比150%なら「金一封」など、受付さんのモチベーションが上がるような、達成手当をつけてあげてはいかがでしょうか。
ご褒美は、先生がお礼に渡したいと思う金額や物でよいでしょう。

また、相手のニーズを確認することは大切です。
人によっては、扶養家族の範囲内でしか働きたくないという方もいるので、その場合はお金以外のものにするとよいでしょう。
家族と行ける食事券なら、働くことに対して家族の理解を得る助けになるかもしれません。

また、人によっては、お金や物より「時間」や「働く環境の改善」がうれしいという方もいることでしょう。
率直に、何がうれしいか何をしてもらったら、モチベーションが上がるかを、本人に聞いてみるのも良いでしょう。

Posted in スタッフ教育 | Tagged , , , , | スタッフへの効果的な感謝の伝え方 はコメントを受け付けていません。

癒しと優しさをイメージしたデザインに「もえぎの接骨院」


 (株)吉田企画の長谷川です。
春、弊社のクライアント様である「もえぎの接骨院」様より開業コンサルティングの依頼を受け、ロゴとホームページ制作、看板デザインのご依頼を頂き、ご対応いたしました。

大木と「いいね!」をイメージしたロゴ

先生の施術方針に、優しいタッチの施術で「自然治癒力」を最大限に引き出し、リラックスしながら体が忘れていた「なんかいい感じ」を感じていただく、というものがありました。
今回作成したロゴは上記の点を踏まえ「いいね!」をイメージした手と「もえぎの」の緑をイメージできる大きな木を融合したデザインとなりました。

病院併設という安心感、緑あふれる癒しのデザインに

ホームページのデザインはロゴのデザインやコンセプトを継承して作成しています。また、先生から「小児科のような子供にも受け入れられるデザイン」という要望もありました。今回その二つを両立させた、緑があふれ、心に安心と癒しを与えられるようなデザインにしようと考えました。そのため、水彩画のタッチで木々の緑や植物のパーツを描き配置することで、様々な色が溶け合った優しいデザインとなりました。
また同時に「もえぎの接骨院」は病院併設であるため、「信頼性」「信ぴょう性」を重視視する必要がありました。そのためフォント(文字)は装飾の少ないシンプルでわかりやすい形のものを選びました。

女性に好まれ、行ってみたいと思わせるデザイン

弊社では、デザインの傾向として女性に好まれる
「やさしい・かわいらしい・あたたかい」デザインを制作しています。
これは、(株)吉田企画のコンサルティング方針として
「女性に好まれる治療院作り」を推奨しているからです。
「クチコミ」をしてくださる患者様のほとんどは「女性」であり、
患者様を紹介してくださるのも「女性」であることから
ホームページのデザインも女性が「行ってみたい!」と感じていただける
デザインとなっています。

「男性患者様の比率が高い・・・」という先生、HPから印象を変えませんか?

来院されている患者様の比率で、男性の方が高い、という治療院は
女性から敬遠されている可能性がございます。
まずは、ホームページによる集患で、女性の患者様をターゲットにすることから
始めませんか?

(株)吉田企画ではフルリニューアルからトップページのみの変更まで、予算や効果性に合わせて先生のご満足頂ける提案をコンサルティングとセットでさせていただきます。

お気軽にご相談ください!
(株)吉田企画ホームページ制作の詳細はこちらから

Posted in ネット集客 | Tagged , , , , | 癒しと優しさをイメージしたデザインに「もえぎの接骨院」 はコメントを受け付けていません。

知っていると便利!SNSに投稿する写真を上手に撮る方法


こんにちは!伊藤です。
さて、先日、クライアント様から「SNSに投稿する写真が曲がってしまったり影が入ってしまったり、なかなか上手に撮れません」とご相談を頂きました。

詳しくお話を聞くと、院内の掲示物を撮影したものの、真っすぐ撮れず、また影が映りこんでしまってどうしたものか・・・と悩んでいらっしゃったご様子です。

そこで、今回は、SNS投稿などにお役立ていただける「知っていると便利!」なカメラの機能設定や写真編集の方法をご紹介いたします!

写真の「曲がり」を解決!「グリッド」機能を活用しましょう!

スマートフォンなどで撮影した写真を見てみると、被写体が傾いていたり、歪んでいたりすることがあります。
実は、カメラの設定の「グリッド」を活用すると、傾きや歪みを解決することができます。

「グリッド」の設定をオンにすると、画面を縦横に、均等に9分割する4本の線(グリッド)が表示されるので、写真の構図を決める際の目安として使うことができます。

掲示物を撮影する際には、この「グリッド」と被写体の掲示物が平行になるように撮影していただくと綺麗に撮れます。

また、机などに平らに置いてあるものを撮影するときは、被写体を画面の中央に合わせると画面に「+(十字マーク)」が2つ表示されます。
この2つの「+(十字マーク)」が重なると、被写体に対してカメラが水平になっていることを表します。逆に、2つの「+(十字マーク)」ずれている時は、被写体とカメラは水平になっていないので、被写体が歪んで写ってしまいます。

この「グリッド」機能は、とても便利なので設定してみてくださいね!

【iphoneでの設定方法】

①設定
②カメラ
③グリッド

【android機種での設定方法】
android機種の場合は、機種によって設定のやり方が異なります。
機種によっては、カメラの撮影画面に「グリッド」の設定ボタンが表示されるものもありますので、詳しくは取扱説明書などでご確認くださいませ。

「影」はカメラの編集機能やアプリを利用して解決しよう!

掲示物や置いたものを撮影すると映り込んでしまう「影」も、実は写真の編集機能やアプリで目立たなくすることが可能です。

【iphoneでの影を編集する方法】

iphoneのカメラでは、デフォルトの編集機能の中の「ブリリアンス」で、影を目立たなくすることができます。

「ブリリアンス」は、コントラストを部分的に補正する機能で、明るさのバランスを自然な感じに整えてくれます。
暗めの写真や、影と明るい部分のコントラストが極端に出てしまったときに重宝する機能です。

~手順~
①写真を選ぶ
②編集を押す
③下のほうにある「お日様」マークを押す
④右側の「三」を押す
⑤ブリリアンスを押す
⑥目盛りを左右に動かすと、影が薄くなったり濃くなったりします

【android機種での設定方法】
android機種の場合は、機種によって設定の内容が異なりますので、取扱説明書をご確認ください。
また、「googlePlayストア」で写真編集の無料アプリなどでも、写真加工アプリが提供されていますので、ぜひお試しください。

綺麗な写真は目に留まりやすいものです。
ぜひ、クオリティの高い写真をSNSにアップして貴院を上手にアピールしましょう!

▼実は、この度インスタをはじめました!ぜひフォローおねがいします!
https://www.instagram.com/ito_yoshidakikaku/

Posted in 販促ツール集客 | Tagged , , , , | 知っていると便利!SNSに投稿する写真を上手に撮る方法 はコメントを受け付けていません。

キャッシュレス時代を生きよう


こんにちは。中村です。
今回はキャッシュレス決済についてお伝えします。
キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払い・受け取りを行う決済方法のことです。
最近では、このようなカード払い、電子マネー払いのキャッシュレスが求められる時代になりました。
キャッシュレスへの流れは、国も推進しています。2018年4月には経済産業省を中心としてキャッシュレス化促進のための「キャッシュレス・ビジョン」がまとめられ、公表されました。

整骨院業界もこの流れに徐々に対応していったほうが、確実に売上を上げやすくなると私は考えます。
現金管理コストの削減や他院との差別化・競争力強化など、様々なメリットが期待されます。
患者様側からすると、手持ちの現金では足りない場合、キャッシュレス決済が可能な整骨院など他院に行ってしまう可能性を下げることができます。さらに、手持ちの現金を気にする必要がないため、患者様一人当たりの平均単価が上る可能性も考えられます。
キャッシュレス化の波は確実に押し寄せています。
導入を検討の際は、貴院の立地や患者様の年代などによってどういった類のキャッシュレスが望ましいのか考える必要がありますのでご注意ください。

Posted in 整骨院の経営 | Tagged , , , | キャッシュレス時代を生きよう はコメントを受け付けていません。

紹介を増やす工夫、していますか?


整骨院の集患には、「ホームページ」や「エキテン」「チラシ」など様々な方法がありますが、費用の掛かるものがほとんどです。
費用を掛けて来院していただいた新患様ですので、しっかりとリピートしていただき、先生の院のファンになっていただきたいものです。
そうして、ファンの患者様が増えてきたら、ぜひ増やしたのが紹介です。
今回は、紹介を増やす「コツ」と「注意点」をお伝えいたします。

紹介カードを作りましょう

紹介は、女性にお願いするといいでしょう。
なぜなら「いいな」と思ったものを人に勧めないではいられないのが女性だからです。

一般的に女性は「すごいのよ!」「絶対おすすめ!」「気持ちがいいの!」「楽になったわ!」を伝えるのは得意中の得意です。
その代わり、場所や時間などの情報を伝えるのはあまり得意ではありません。
ですから、確実に紹介をゲットしようと思ったら、この部分をフォローして差し上げる必要があります。
そこで、活躍するのが「紹介カード」です。
いつでも財布に入れて持ち歩けるカードに、
「住所」
「電話番号」
「予約優先」
「営業時間」
「定休日」
「駐車場情報」
「貴院の特徴」
「紹介者のお名前」

など、貴院の情報を詰め込みましょう。
貴院のファンになってくださった患者様は「ここ、すごく良いわよ!」と言って、紹介カードを渡せばそれでOK! 必要な情報はすべて伝わります。
カードは、「コピー紙に印刷」ではいけません。財布に入れておくうちにヨレヨレになってしまいます。
先生なら、ヨレヨレの紙をもらって電話をする気になりますか?
渡す方も、なんだか恥ずかしくて渡せません。
クオリティの高いデザインと上質な紙のカードであれば、更に効果は高まるでしょう。

紹介してもらったら、お礼のはがきを出しましょう!

紹介してくださった患者様にはがきでお礼をしましょう。
お礼のポイントは以下の通りです。
・感謝を伝える。
・紹介してくださった患者様を大切に扱い、責任を持って施術することを伝える。
間違っても、紹介してくれた方の顔をつぶすようなことをしてはいけません。
そんなことになったら、もう紹介してもらえないだけでなく、その患者様も失うことになるでしょう。
これは紹介だけでなく、すべての患者様に言えることですが、
「やっぱり、〇〇さんの言った通り、いい整骨院だった!」「来て良かった!」と思っていただけるような対応を心がけましょう。
そうすれば、今度はその患者様が別の患者様を紹介してくだるようになるでしょう。

細かな心配りが、紹介の輪を広げます。

Posted in 整骨院の経営, 販促ツール集客 | Tagged , , , | 紹介を増やす工夫、していますか? はコメントを受け付けていません。

googleマイビジネスのクチコミを強化して集患しましょう!


長谷川です。
現在整骨院の口コミサイトで最も集患力が強いのは「エキテン」と思われている先生が多いかと思います。
実際弊社でも、エキテンを活用して新規の患者様を集患されている先生が多くいらっしゃいます。
しかし、ネットの集患方法は驚くほどすぐに流れが変わります。現在、googleが提供している「googleマイビジネス」というサービスの「クチコミ」機能を多くの方が参考にするようになっています。
今回は、その「googleマイビジネス」の「クチコミ機能」の集患力とその活用方法についてお伝えしたいと思います。

治療院の名前で検索すると、ほぼ必ず検索結果に表示される

例えば先生の治療院名を検索すると、まずgoogleは治療院のHPのURLより先に「googleマイビジネス」の情報を表示させます。
ここで、クチコミ数がすぐに表示されるので、ここのクチコミの数が多く、なおかつ高評価だと多くの患者様はこの時点で先生の治療院に期待感を持ちます。
そして、クチコミを読み、さらに興味を持ったら、HPを見てくださいます。クチコミがよく、HPの内容も充実していればほとんどの患者様は来院を考えるでしょう。

「googleマイビジネス」の内容を充実させるとMEOにも有利

googleマイビジネスにはクチコミ機能の他にも、治療院情報や画像の掲載、ブログを書く機能があります。クチコミの投稿に力を入れると同時に、こちらの情報も必ず入力しましょう。この内容を充実させることで、MEOと言われる、googleマップに表示される整骨院の順位にも良い影響を与えます。
例えば、「府中 整骨院」で検索した際、下記のような地図が表示されますが、

ここの3院に治療院名が表示されると、多くの方がクリックしますので集患効果が大変強くなります。
他院も力を入れていることも多いので、3院には入るにはマイビジネスの充実に相当力を入れる必要があります。
まずは先生の治療院の地域で検索をし、マップに表示される競合院がどのようにマイビジネスに力を入れているか研究すると良いでしょう。

まずはクチコミをたくさん投稿してもらいましょう!

「クチコミをくださいというのに気がひける」と仰る先生がいらっしゃいます。確かに、患者様にお手間をとらせることになる上、自分の施術に対して評価をお願いすることに抵抗を感じられる先生もおられるでしょう。
その場合、クチコミをいただくタイミングに気をつけるとスムーズに頂きやすくなります。一番良いタイミングは、患者様の治療が終了し、患者様が楽になった、と満足されているときです。
「もしよろしければ、こちらから感想をいただいてもよろしいでしょうか?」
「今後の治療技術の向上のために、ご意見をいただいてもよいでしょうか?」
といってお願いされると良いでしょう。
治療終了後、すぐにお願いできるよう、先生のgoogleマイビジネスにアクセスできるQRコードを印刷した紙をお渡しすると、患者様もその場でスマートフォンで入力することができるので、よりクチコミを頂きやすくなるでしょう。QRコードの作り方は後述します。

googleマイビジネスにすぐにアクセスできるQRコードの作り方

(1)PCのブラウザでgooglemapを開き、治療院の住所を検索します。
(2)治療院のある赤いピンをクリックします。
(3)その時のブラウザにあるURLをコピーしてください。
(4)QRコードを作るサイト(http://www.qr-code.jp/)にアクセスし、そのコピーしたURLを貼り付けて、QRコードを作成します。
作成したQRコードをダウンロードし、word等のソフトに画像として貼り付け、「当院の施術のご感想やご意見をお待ちしております」「施術の励みになります!よろしくお願いいたします」等記載したチラシを作成し、院内に掲示したり、患者様に直接お渡しされると良いでしょう。

Posted in ネット集客 | Tagged , , , , , | googleマイビジネスのクチコミを強化して集患しましょう! はコメントを受け付けていません。

「みんなの森整骨院に加盟して良かった」と心から感じていただきたいから


みんなの森整骨院が8院のグループとなりました。
多くの皆様のおかげです。ありがとうございます。心から感謝します。

一律、画一化したグループづくりをするのは「運営側が楽」でしょう。

でも、

みんなの森整骨院の8院のホームページをご覧いただければご理解いただけると思いますが、
全ての院で、治療法が違い、料金が違いますから、
特徴についてヒアリングし、完全個別対応で作成しています。

全く楽ではないです!

料金の変更がある方にはアドバイスをし、
皆さん不安だらけですから、寄り添ってサポートさせていただきました。

弊社の社員全員が、
各院のオープンが成功するために自分のこととして必死になってやってくれたのです!

本当に必死になってサポートさせていただきました。
そこには、絶対に自信があります。

私達の喜びは「みんなの森整骨院に入って良かった!」
というお声を加盟の皆様からお聞きすることだからです。

それ以外、ないです。

先日、懇親会でみんなの森整骨院に加盟されている方同士が名刺交換している姿、お互いアドバイスし合っている姿を見ると、心から感動するんです!
「そうそう、この光景を見たかった!」「こんなグループをやりたかった!」
万感胸に迫るものがあります。

もっと、この輪を広げたら更に素晴らしいことになるという確信があります!

同じ名前の院同士というのが、仲間意識を大きく深めるというのも体験しました。
初めて会った加盟者さん同士でも「既に仲間!」という感じで会話が盛り上がっているのです!

「もっとみんなの森整骨院に加盟された方にメリットを増やせる様に頑張らないと!」を感じさせていただいた光景でした。

もちろん、整骨院最大グループの300院に向けてやることを目的としていますが、

加盟して不満足な方が出てきてしまったら、300院は絶対に行きません!

訴訟を起こされてしまって、その後の運営がうまくできないなどということになったら本末転倒です。

いったい、何のために仕事をしているのか・・・。

と自己嫌悪に陥ります。

そんな商売したくありませんし、するつもりもありません。

満足の積み重ねで、紹介やうわさで、
「みんなの森整骨院に入った方が良いよ」という流れを作って行くことが私の目指していることです。

整骨院でも新規とリピート(満足)のバランスが大事なのと同じで、
私達のグループ展開も、新規も大事ですが、
みんなの森整骨院加盟の皆さんが続けていただき、
紹介していただくことで伸ばして行きたいと思っています。

これまで19年間、信用を積み重ねてきて、

正直、今の人生に対して満足度が高い私が、
わざわざ,人に嫌われるようなことをするつもりはありません。

弊社の社員、みんなの森整骨院の方々、昔からの私のコンサルティング先様の満足度を上げるのが私の仕事であり人生です。

多くの治療家の方にメリットを提供できる確信があるから始めたのです。
19年間ブラッシュアップし続けた整骨院の経営ノウハウを全部提供するのです。

みんなの森整骨院を後世に残したいという思いでやらせていただいています。

みんなの森整骨院が整骨院業界を救えるグループにしたいと思っています。

【みんなの森整骨院リブランドについてはこちら】
https://www.r358.com/minmori/
【みんなの森整骨院総合サイト】
https://minna-mori.com/

Posted in 整骨院の経営 | Tagged , , , , | 「みんなの森整骨院に加盟して良かった」と心から感じていただきたいから はコメントを受け付けていません。

リピートしてもらえない理由は料金の説明にあった?!


実は、整骨院はサービス業です。

「柔道整復師は職人」と考え、この業界に入られた先生は多いと思います。
しかし、実際の整骨院は接客業の要素が強く、特に整骨院が増え、患者様に選択肢が増えた現在、
「技術さえあれば患者さんは来てくれる・・・」という考えでは経営が立ち行かないのが現状です。
患者様は、整骨院で痛みや不調が治ることは当然だと思っています。
だからこそ、お金を払って来院してくださるわけです。
ですから、治ることを前提として、どのように患者様の満足度を上げていくかが重要になってきます。
そこに気づくかどうかで経営がうまくいくかどうかが決まると言ってもいいでしょう。

しかし、接客業と言っても、整骨院は「物」を売っているわけではありません。
「施術」や「技術」を提供しています。
ですから、そこには特別の配慮が必要になります。

「施術には満足してもらっていると思うのに、リピートしてもらえない」
そう感じたことはありませんか?
リピートしていただけない理由は実はほかのところにあります。

施術料金の説明はできていますか?

今は、保険を使ってできる施術の規制が厳しくなっています。
当然、患者様の症状を根本的に解決しようと思っても、保険の範囲の施術では改善が困難な場合がほとんどです。
そうなると、保険の料金の他に自費の料金がかかるなど、施術料金が複雑になってきます。
問診の際に、自費治療の必要性や料金がいくらかかるかなどの説明がきちんとできていないと、患者様は院に不信感を持ち
その時は、お金を払ってくれても、次回の来院にはつながりません。
また、先生はきちんと説明したつもりでも、患者様から見れば誘導が強引で断れない場合もあることでしょう。
そんな場合も、やはり次回来院していただくことは難しいでしょう。
患者様の信頼を得て、リピートしていただくためには問診の際に次の点に注意しましょう。

・患者様の今の状況と、その症状に対して貴院がどのような施術を提供できるかを説明する。
・改善までに、おおよそどのくらいの期間、何回くらいの来院が必要かなどの施術計画を伝える。
・初回の費用がどのくらいか、2回目以降は費用がどのように変化するか伝える。
・保険と自費の施術のメリット・デメリットを伝えて、患者様に施術を選んでいただく。

特に、最後の「患者様に決めていただく」ことは大切です。
先生は最善の治療を提案し、選ぶのは患者様にお任せすることで、患者様の不満にならないので信頼を得ることができます。

施術料金の説明が不十分であることは、リピートしてもらえないほんの一例です。

吉田企画では

◆施術は完璧だったのに次回予約につながらなかった・・・
◆「また来ます?」とすごく楽しそうに帰られたのに、来院しない・・・
◆とにかく何をしてもリピート率が上がらない・・・

このようなお悩みにこたえる勉強会を
7月15日(日・祝)に秋葉原で開催いたします。

▼詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.r358.com/keiei/seminar/201907seminar.html

「まさか、そんなことが原因で ?!」という、
目からうろこの勉強会で、愛される整骨院を作り売り上げをアップしてください。

Posted in 整骨院の経営, 接遇・接客 | Tagged , , , , | リピートしてもらえない理由は料金の説明にあった?! はコメントを受け付けていません。


整骨院経営サポート メニュー