知っていると便利!SNSに投稿する写真を上手に撮る方法


こんにちは!伊藤です。
さて、先日、クライアント様から「SNSに投稿する写真が曲がってしまったり影が入ってしまったり、なかなか上手に撮れません」とご相談を頂きました。

詳しくお話を聞くと、院内の掲示物を撮影したものの、真っすぐ撮れず、また影が映りこんでしまってどうしたものか・・・と悩んでいらっしゃったご様子です。

そこで、今回は、SNS投稿などにお役立ていただける「知っていると便利!」なカメラの機能設定や写真編集の方法をご紹介いたします!

写真の「曲がり」を解決!「グリッド」機能を活用しましょう!

スマートフォンなどで撮影した写真を見てみると、被写体が傾いていたり、歪んでいたりすることがあります。
実は、カメラの設定の「グリッド」を活用すると、傾きや歪みを解決することができます。

「グリッド」の設定をオンにすると、画面を縦横に、均等に9分割する4本の線(グリッド)が表示されるので、写真の構図を決める際の目安として使うことができます。

掲示物を撮影する際には、この「グリッド」と被写体の掲示物が平行になるように撮影していただくと綺麗に撮れます。

また、机などに平らに置いてあるものを撮影するときは、被写体を画面の中央に合わせると画面に「+(十字マーク)」が2つ表示されます。
この2つの「+(十字マーク)」が重なると、被写体に対してカメラが水平になっていることを表します。逆に、2つの「+(十字マーク)」ずれている時は、被写体とカメラは水平になっていないので、被写体が歪んで写ってしまいます。

この「グリッド」機能は、とても便利なので設定してみてくださいね!

【iphoneでの設定方法】

①設定
②カメラ
③グリッド

【android機種での設定方法】
android機種の場合は、機種によって設定のやり方が異なります。
機種によっては、カメラの撮影画面に「グリッド」の設定ボタンが表示されるものもありますので、詳しくは取扱説明書などでご確認くださいませ。

「影」はカメラの編集機能やアプリを利用して解決しよう!

掲示物や置いたものを撮影すると映り込んでしまう「影」も、実は写真の編集機能やアプリで目立たなくすることが可能です。

【iphoneでの影を編集する方法】

iphoneのカメラでは、デフォルトの編集機能の中の「ブリリアンス」で、影を目立たなくすることができます。

「ブリリアンス」は、コントラストを部分的に補正する機能で、明るさのバランスを自然な感じに整えてくれます。
暗めの写真や、影と明るい部分のコントラストが極端に出てしまったときに重宝する機能です。

~手順~
①写真を選ぶ
②編集を押す
③下のほうにある「お日様」マークを押す
④右側の「三」を押す
⑤ブリリアンスを押す
⑥目盛りを左右に動かすと、影が薄くなったり濃くなったりします

【android機種での設定方法】
android機種の場合は、機種によって設定の内容が異なりますので、取扱説明書をご確認ください。
また、「googlePlayストア」で写真編集の無料アプリなどでも、写真加工アプリが提供されていますので、ぜひお試しください。

綺麗な写真は目に留まりやすいものです。
ぜひ、クオリティの高い写真をSNSにアップして貴院を上手にアピールしましょう!

▼実は、この度インスタをはじめました!ぜひフォローおねがいします!
https://www.instagram.com/ito_yoshidakikaku/

This entry was posted in 販促ツール集客 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。



整骨院経営サポート メニュー