整骨院業界の現状 前編


12月に入り、今年もあと僅かとなりました。年の瀬に向けて慌ただしくなって来る時期ですね。

さて、私のブログではコンサルティングについて書くことは殆どないのですが、今回は少しだけ整骨院業界について書いてみようと思います。

ご存じの方も多いと思いますが、部位数の逓減に加えて、特に大阪を中心とした関西地区を中心にして国保を含め患者さんへの照会が定常化しています。これらの地域では、健康保険の取扱いのみで整骨院を経営することが困難な状態に突入しています。この動きは確実に全国に広がって行くでしょう。

保険のみの場合、平均単価が1,200~1,300円。仮に一日来院患者数20名としたら24,000~26,000円で、23日診療で月商552,000~598,000円。まだまだ競合院も増える中、照会による患者さん離れで患者数が大幅に増やせる方法が見つけられない整骨院にとっては、単価も低くなると院経営の先行きは相当厳しいものとなっています。

<次回に続きます>

吉田崇

About 吉田崇

(株)吉田企画 代表取締役  (社)交通事故医療情報協会 代表理事  【著書】3冊。累計3万部発行。『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』
This entry was posted in 整骨院の経営 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。

整骨院経営サポート メニュー