整骨院業界の現状 後編

DATE:2013.12.17

私のコンサルティング先様では、自費への完全移行をされた整骨院様もありますし、一部移行を進めて自費率を上げて行かれている整骨院様が殆どです。

私が独立してすぐの2008年から自費の移行ノウハウを確立していますので、仮に保険が取り扱えなくても整骨院経営の先行きが見通せる院様が多くなっています。

自費への移行の内容も様々でしょうが、私の提案では「治療」で自費化して頂いています。

自費への移行として美容・ダイエット関連やリラクゼーションもあります。私は良いと思いますが、治療家としてそちらに舵を切りたくないとお考えの方も多いですし、美容・ダイエットは概して女性スタッフへのある程度のスタッフ育成力が必要となります。リラクゼーションは、これまでの私の経験上、別店舗で運営した方が伸ばしやすいですので、こちらもスタッフ育成力に加えて店舗開発力が必要となります。

ですから多くの場合、それぞれの整骨院の「特徴を生かした自費治療」を「どのような方法」で導入するかが課題となります。

 

About 吉田崇

みんなの森整骨院グループ 主宰 (株)吉田企画 代表取締役 (株)メディモ 取締役 (一社)交通事故医療情報協会 代表理事会長 【著書】4冊。累計4万部発行。『自分でできる治療院選び』『学校では教えない 儲かる治療院のつくり方』『はじめよう!リラクゼーションサロン』『儲かる!治療院経営のすべて』
This entry was posted in 整骨院の経営 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。



整骨院経営サポート メニュー

Copyright © Yoshidakikaku All Rights Reserved.